車の下回りの錆止め対策は主に3つ!塗装か錆転換剤を塗るか

どうも、こんにちは!ひろ助@hisaru999)です(^^)

車の下回りのって怖いですよね?

ボディーがサビてくれば、嫌でも目につくのですぐに対処できますが、車のアンダーフロアはそうは行きません!

ヒドくなれば、車に穴が開いたり、マフラーが落ちたりなど・・。修理代が膨大になりそうです。

特に海近辺など、潮風や融雪剤の影響を受けやすい場合は注意が必要です!

気づいた時には遅かった・・じゃシャレになりませんから(TT)

 

下回りの錆を防ぐためにも、錆止め対策が有効です。

錆止めといいましたが、要は『防錆塗装』をする事ですね。

車の下回りは錆びやすいので、本来は塗装で保護されてます。

走行中の飛び石などにより、防錆塗装が剥がれ、ジワジワ錆が進行するわけですね!

「なら、防錆塗装をしまくって、錆を防ごうではないか!

というのが、目的になります。

今回は下回りの錆止めについて書いていこうと思います(^o^)

→車の錆止めは必要なのか?サビの原因と発生しやすい部位について!

スポンサードリンク

 

下回りの錆止め方法は?

基本的に錆止めとしては3つあります。

  • アンダーコート
  • シャーシブラック
  • 錆転換剤

それぞれの特徴などを見てみましょう!

 

アンダーコート

アンダーコート』という言葉を聞いたことあるでしょうか?

意味はそのままで下回りをコーティングする。って事です。

メーカーが車を作る時に、下回りに塗布するものも、このアンダーコートが多く、錆止め効果としては期待ができます。

 

表面は気泡が出来たようなブツブツ肌で、触った感じ弾力があります。

普通の塗装では固いものが当たれば剥がれますが、このアンダーコートは皮膜が厚く、剥がれにくいので効果があるんですね〜(^o^)

また、特殊な塗料を使使うので、費用も高くなります!

市販品もありますが、シャーシブラックのスプレー缶の約倍の値段ですね〜。笑

 

アンダーコートの特徴を簡単にまとめました↓

  • 費用高い
  • 耐久性が高い
  • 被膜が厚く、粘度も高いため保護効果アップ(飛び石からの影響も少ない)
  • 防振効果で静粛性が良くなる場合あり

費用が高い以外は、文句無しの錆対策ですね。

業者での作業となれば、さらに割高になってしまいます・・・

費用にして、数万円はかかるでしょう

ですが、被膜の厚いコーティングで飛び石やロードノイズの騒音対策としても有効です。

特に軽自動車に施工すると、静粛性がかなり良くなるみたいですよ〜(^^)

 

スポンサードリンク

 

シャーシブラック

続いて『シャーシブラック』ですが、特徴は以下の通り。

  • 費用が安い
  • DIYでも施工可能
  • 耐久性低い
  • 飛び石などで剥がれる可能性

これも下回りに塗装して保護するタイプなんですが、被膜が薄く耐久性が低いですね〜。

車の下回りを、ただ黒く塗りました!って感じです。

 

ですが塗料が安いので、手頃に施工する事ができますよ(^^)

また、缶スプレーも結構あるので、DIYで施工出来るのも魅力ですね〜。

一般的には速乾性のある油性タイプが主流で、色は『ツヤ消しブラック』です。

アンダーフロアにシャーシブラックすることでの錆止めも良いですが、僕的にドレスアップ効果もあると思っています。笑

特に軽自動車などの足回りは塗装があまりキレイでは無いので、ブラックに塗装するとシマって見えますよ!

また、タイヤハウスに塗装すると、高い車高もそこまで目立たなくなるのも良いですね〜。

 

油性タイプの他にも『水性』のもあります。

水性タイプはツヤ有りのブラックになりますね。

塗装は乾きにくく、剥がれやすいのであまりおすすめしません!

油性であれば、ある程度テキトーに塗ってもしっかり密着してくれます。

一方水性の場合、下地処理(洗浄や脱脂など)が甘いと、すぐに剥がれたりするので注意が必要です・・

 

錆転換剤

最後に『錆転換剤』です。

すごく簡単に言うと、錆の進行をストップさせ、症状が悪化しないようにするものです。

車に悪いとされてる錆は『赤錆』というもので、これが鉄を滅ぼしていきます!

その赤錆を強制的に酸化させる事で『黒錆』に変化させるのが目的ってわけですね〜(^^)

黒錆になれば、酸素や水の影響を受けにくいので、錆の進行をしっかりガードしてくれるってわけです。

 

これは直接スプレー塗装するのではなく、ハケなどで塗り込んでいくのが多いです。

市販もされてるので、DIYでも出来ますよ!

錆転換剤を使うならシャーシブラックの油性とは反対で、『水性タイプがおすすめ』になります。

理由としては、水性タイプの方が伸びが良く、錆の奥まで到達してくれるからです!

油性タイプは表面にしか行き届かないことが多く、施工してる最中の匂いも気になります。油性は有害ですしね〜。

そういった意味で転換剤は水性の方が良いですね(^^)

また、塗装が完全に乾燥したら、上から別の塗料をスプレー出来るので、好みの色に仕上げる事も可能になります。

車同色にしてみるも良し!シャーシブラックのツヤ消しでクールに決めるも良しです!笑

 

錆転換剤からのシャーシブラックがおすすめ!

欲をかけば、業者で『アンダーコート』施工してもらうのが一番です!

「見えない部分だし、あまりお金かけたくないな・・・」

そんな場合にはシャーシブラックで塗装してしまうのがおすすめになります。

 

出来るのであれば、錆びてる部分のみに『錆転換剤』を塗っておいて、全体を『シャーシブラック』で仕上げる!みたいな感じでしょうか?

これであれば、錆転換剤とスプレー缶2〜3本あれば十分と思うので、5000円以下で施工出来ますよ(^^)

 

DIYで錆止め施工する方法は?

 

僕的に下回りが濡れてなければ、そのまま施工しちゃいそうですが、正しい手順は以下の通りになります。

  1. ジャッキアップしタイヤを外す
  2. 高圧洗浄機で洗う(水とスポンジでもOK)
  3. 完全に乾燥させる
  4. 必要に応じてボディーをマスキング
  5. 防錆スプレーなどで施工する

作業としては結構ボリューミーですね〜。笑

ですが、ホイールにも塗料が付くかもと考えたら、タイヤは外した方が良いかもですね。

あと、大きなゴミや油分がついてたら、塗装が剥がれやすくなりますし、水分の上から塗装するのもいけません!

DIYで錆止め施工するのは簡単なんですが、何より前準備が大変って事になりますね(*´ω`*)

 

最後に

車の下回りの錆止めについて書いてきました。

基本は錆の進行を止め、防錆スプレーで金属用の保護膜を作ってあげる事ですね!

 

相当に悪い環境で運転してない限り、下回りが錆だらけになる人は少ないのが正直なところです。

ですが、予防の意味でも下回りに錆止めをした方が安心できるのも事実。

少しの錆でも気になったり、車に長く乗りたいと考えるならば、自分もしくは業者でやってもらうのも良いですね!

以上、参考になれば幸いです(^o^)

スポンサードリンク

 

車を高く売るなら
無料一括査定がおすすめ

嫁の車(日産:モコ)をディーラーの査定に出したら、「下取り10万円です・・」と言われ、どうしても納得できず、無料の車一括査定に申し込んだ結果、約38万円で売ることができました!!

ディーラー査定の差額として、約28万円も高く売ることができてしまったわけです。

申し込みした『かんたん車査定ガイド』では、最大10社への査定依頼が同時にできて、高額査定になりやすいと評判も良かったのでオススメです!

申し込みも約1分で完了し、査定相場もその場で知ることができますよ(^^)

>>かんたん車査定の一括査定<<

 

依頼ができる優良買取業者
スクリーンショット 2019 02 15 10 11 07

 

一括査定の事をもっと詳しく知ってから検討したい!

と思ってるあなたのために、一括査定について簡単にまとめました。メリットやデメリットについてもう少し詳しく解説していますよ。

また、安心・高額買取を基準に一括査定サイトのランキングも作りましたので参考にどうぞ!

>>>一括査定ランキングを見る!

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ