車のカスタムに『アクティブボンネット』装備車は適さない?ホイール変更で安全装置に支障の可能性!

どうも、こんにちは!ひろ助@hisaru999)です(^^)

「新しい車を買って、カスタムしたいな!」

そんな風に思う方も多いはず。

どうせならカスタムする車は、格好良いのを選びたいですよね〜?

 

しかし、最近の車では、安全装置が高性能になっており、「純正じゃないとダメ!」みたいなのが増えてきています。

特に『アクティブボンネット』と呼ばれる安全装置は、タイヤもホイールも純正でないといけないみたいです・・・

カスタムでは、ホイールのインチアップをする人も多いと思います。

あなたもホイールを社外品に交換して、ビシッと決めたくありませんか?

スポンサードリンク



 

アクティブボンネット車は純正ホイールで機能する!

マツダの『CX-8』は知っていますか?

CX-8は、2017年9月ごろに発売開始のSUV車です。

トヨタでは『C-HR』というSUVが人気ですが、僕的にはこっちの方が好みですね〜

大きなグリルに、輸入車のようなヘッドライトなんかカッコ良いです!

 

ですが、『アクティブボンネット』が全車標準装備されており、タイヤ・ホイールのサイズなどが制限されてしまいます。

ドレスアップユーザーとしては、衝撃的な事実ですよ。ホントに。笑

アクティブボンネットとは

スピードが出てる状態で歩行者と接触した場合に、ボンネット後方を瞬時に持ち上げ、エンジンとの間隔を開ける機能。

これにより、歩行者の頭部への衝撃を和らげる役割があります。

このアクティブボンネットは、歩行者の安全を配慮してるし、衝撃を検知して瞬時に動かすなんて、すごい機能ですよね!

年数が経ってきた時に、メンテナンスとか大変そうです。笑

しかし!冒頭でも話した通り、タイヤとホイールのサイズが決められています!

 

どういう事かと言うと、メカニズムの詳細はわかりませんが、車の重量バランスとスピードを計測し、衝撃があった際に機能する。

みたいな感じでしょうか。

メーカーが言うには、ホイールが純正でなくなっただけで、正しく作動しない事もあるみたいです・・・

 

社外ホイールへの交換が困難!

アクティブボンネットを装備した車では、社外ホイールに交換したら、機能しないかもって事ですよね!

「えっ?なら純正ホイールしか履けないの?」

もちろんそういう訳では無いと思いますが、せっかくある安全装置なんで、使いたいもんです!

 

機能自体は、純正ホイールの重さで見てるはずなので、例え同じサイズのホイールを選んでも、デザインが違う分、重さも変わります。

インチアップしようもんなら、大幅に重量アップです!笑

例えば、純正のホイールが17インチだとしたら、17インチしか履けない!

それでも、アクティブボンネットは機能しないかも?というかなり勿体無い結果になってしまいますね〜。

また、インチダウンに関しては、メーカーが指定しているサイズのみ対応可能みたいです。

 

インチの他にも、ホイールのオフセットバランスも関係してくるでしょうね!

ホイールバランスは、調整し直せば良いのでしょうが、オフセットに関しては、ホイールを買った時に決まってしまいます。

オフセットとは、ホイールの取り付け面を、中心から見てどのくらい外に出すか?内に引っ込めるか?の値です。

基本的に純正のホイールでは『+45』くらいが多いですね。

ホイールを進行方向から見て、中心から外側に45mmのところに取り付け面がある。という感じです!

 

車をカスタムするなら、ギリギリまでタイヤを外に出して、太いホイールを履くのが人気でもあります。

これをするためには、ホイールのオフセットを変更するしか方法が無いんですよね〜・・

「タイヤが30mm引っ込んでるから、あと25mm外に出したい!」

となれば、オフセット値を25引いて、+20にすればOK!

なんですが、これも同様にホイールの全体バランスが変わってしまうので、アクティブボンネットの機能が働かないかも〜。って事ですよ。

純正と同じサイズのホイールに、オフセットも同じで、デザインのみ変更するだけで満足する人もいますが、僕は納得できませんね〜。笑

スポンサードリンク

 

スタッドレスタイヤへの交換もかなり面倒に・・・

僕は昔、車高を落として、インチアップしてた時は、雪が降っても夏タイヤで頑張ってました!

でも、それは全力でおすすめしませんよ〜。

スリップしたら終わりですからね。命も危険だし、助かってもせっかくカスタムしたパーツがおじゃんになる訳ですから。笑

なので、冬シーズンだけでも、スタッドレスタイヤを履いたほうがいいです(^o^)

 

そんなスタッドレスタイヤへの交換ですが、普通なら別にホイールを購入して、スタッドレスタイヤを組み込んで使用します。

それを毎年、冬になってから夏タイヤのホイールごと交換って感じですね!

 

ところが!

アクティブボンネット装着車では、これもうまくいかないみたいです・・・

「スタッドレスタイヤに使うホイールは安くて大丈夫っしょ!」

と思っても、前にも言った通り、純正ホイールから重さが変わってしまいます。

なので、アクティブボンネット機能を確実に使うためには

もう1セット(4本)純正ホイールを購入して、それにスタッドレスを組み込まなきゃならない!

って事なんです!( ´Д`)

かなり面倒じゃないですか?

「スタッドレス用のホイールくらい安いの選ばせてよ!」っと思いますね〜。

しかも、純正ホイールは意外と高いって知ってました?

下手すれば、インチアップした社外ホイールも買えるくらいですよ。笑

この件に関しては、カスタムに興味がない人にとっても、納得いかない部分ではありますね〜。

 

最後に

アクティブボンネット車をカスタムするのは、少しやっかいですよ〜。

という話をしてきました。

カスタムする車を選ぶ際には、注意しておきたい部分でありますね!

特にマツダ系列の会社に勤めてたりすると、マツダ車が選択肢になると思うので。

 

今後、このような安全装置はドンドンと増えてきそうです。

カスタム好きからしては、色んな制限が増えるようでなんとも言えない気分ですよ。

でも、安全ありきのカスタムなので、時代の流れに合ったドレスアップをしていけばOKだと割り切ります!笑

 

また、一般ユーザーから今回の件の苦情?クレーム?がきているようで、早い段階で対策が入り、制限がなくなるかもしれません!

マツダ社はトヨタや日産などに比べれば規模は小さいですが、デザイン・走行性能なども良く、優れたメーカーですので、頑張って欲しいですね〜(^^)

スポンサードリンク

 

車を高く売るなら
無料一括査定がおすすめ

嫁の車(日産:モコ)をディーラーの査定に出したら、「下取り10万円です・・」と言われ、どうしても納得できず、無料の車一括査定に申し込んだ結果、約38万円で売ることができました!!

ディーラー査定の差額として、約28万円も高く売ることができてしまったわけです。

申し込みした『かんたん車査定ガイド』では、最大10社への査定依頼が同時にできて、高額査定になりやすいと評判も良かったのでオススメです!

申し込みも約1分で完了し、査定相場もその場で知ることができますよ(^^)

>>かんたん車査定の一括査定<<

 

依頼ができる優良買取業者
スクリーンショット 2019 02 15 10 11 07

 

一括査定の事をもっと詳しく知ってから検討したい!

と思ってるあなたのために、一括査定について簡単にまとめました。メリットやデメリットについてもう少し詳しく解説していますよ。

また、安心・高額買取を基準に一括査定サイトのランキングも作りましたので参考にどうぞ!

>>>一括査定ランキングを見る!

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ