車の滑水コーティング剤『GENESIS α』レビュー!ムラの心配もいらず抜群の水弾き!

IMG 0821

滑水コーティングの良いところは、なんと言っても滝のように流れる水弾き!

今回はカーファクトリーアンサーさんの『ジェネシスα』をレビューしていこうと思います!

まず実際に施工してみた感想を言いますと、かなり良い感じ。

今まで使ってきた『ガラス系コーティング剤』も好きで結構使ってたんですが、もう戻れない気がします・・笑

とにかく簡単に施工できて、ボディーもツヤが増して、滑水性も抜群です!!

あと、コーティングの頻度がかなり減りましたね〜。

ガラスコーティングしたいけど、そんな技術も時間も無い・・・

そんなあなたにピッタリのコーティング剤だと思いますよ(^^)

→【GENESIS】コーティング剤を詳しく見る

 

ジェネシスのコーティング剤は、『簡単な施工で本格ガラスコートに匹敵する効果が得られる』というコンセプトで開発されたそうです。

 

他にもジェネシスシリーズは『撥水性』と『弱親水性』があるので、使ってみたい気持ちはあるんですが、当分は今回レビューする滑水コーティング剤でやっていけそうです(^^)

ジェネシスのコーティング剤については、以下の記事で簡単にまとめてみたので、気になる方は参考にしてみて下さいね↓

→車のコーティングは『ジェネシス』がおすすめ!スプレー施工で本格ガラスコーティングのような効果

最後の方には、実際の施工翌日の滑水性の動画もありますので、ぜひ確認してみて下さい!(10秒位の動画ですが・・・)

ジェネシスα開封!

IMG 0822

施工方法の説明書と容器が入った箱が別になってました。

中身はこんな感じ!

  • 【GENESIS α】超滑水コーティング剤 200ml
  • 脱脂用シャンプー(1回分)
  • マイクロファイバークロス(1枚)

まぁシンプルな中身ですよね(^^)

欲を言ってしまいますと、マイクロファイバークロスは2枚あった方が良かったかな〜。と感じます。

 

あとで説明しますが、このジェネシスαは濡れたクロスにスプレーし、すぐに乾いたクロスで塗り伸ばす必要があります。

僕は自分でマイクロファイバークロスを常備してますので、全然良かったんですが、何も準備してない人はクロスが1枚不足する事になりますからね。

でも、実際に乾拭きすると言っても、拭きスジもほとんど残らなかったので、濡れクロスだけで拭き上げていく感じでもいけそうな気はしました!

 

IMG 0823

このシールは検品?用の封印シールでしょうか・・

気になったので、ソッコー剥がしました。笑

 

IMG 0824

容器の裏面には注意書きとか成分とか書いてあります。

何か見たことない成分とか書いてありますね〜。

これがコーティングの定着を良くする秘密の成分なんでしょうか!!

 

IMG 0825

かわいい容器には、コーティング前に使う『脱脂シャンプー』が入ってます。

下地処理用のシャンプーがついてくるのは嬉しいですよね(^^)

以前のコーティングが残ってたり、油膜や汚れがあると効果が半減しますから。

今回、僕もゼロウォーター施工状態からのコーティングなので、しっかりシャンプーでリセットしようと思います!

ジェネシスα施工手順は?

コーティングの施工手順は簡単です!

  1. 洗車
  2. 水滴拭き上げ
  3. スプレーして拭き上げ

この3ステップで完成です。

実際コーティング自体はムラにもなりにくかったし、重要なのは下地処理だと感じました!

どれだけキレイな状態で施工するかが効果の持続性を分けると思いますよ(^o^)

 

まず脱脂シャンプーで洗車

IMG 0830

洗車前の車の状態です。

正直結構キレイな方だと思ってます。笑

ただ、ドアノブの下には水垢が目立ちますね〜。

 

IMG 0831

水をかけながらスポンジで洗ったらすぐに落ちました!

ただ、水を弾いてるので以前のコーティング剤が残ってるのがわかります。

これをリセットするため、脱脂シャンプーで洗いましょう!

 

脱脂シャンプーは希釈タイプ

IMG 0838

スポンジに直接かけて洗う市販のシャンプーもありますよね?

そんな事したら即なくなるのでNGです!

これは水で薄めて使うタイプなので、バケツを用意する必要があります。

僕は愛用の『8リットルのバケツ』を準備しました!

 

IMG 0839

水と洗剤の比率は??

濃ゆけりゃ濃ゆいだけ良いんじゃね〜?

と思い、脱脂シャンプーに対して、4リットルくらいの水を入れました。

何も考えずに使うとすぐ無くなりそうなので、節約しながら洗わないといけませんね・・・

あとから考えると、6〜8リットル入れても全然問題なかった感じがします!

『何リットルの水で希釈するのか?』書いてあれば、より親切ですね〜。

 

泡立ちは少なめ、水切れ良し!

IMG 0840

洗車の基本で、上から下に向けて優しく洗います。

シャンプーは濃ゆめに作ったんですが、思いのほか泡は少ない感じでしたね。

優しく節約しながら、洗っていきます。笑

 

IMG 0842

今回は屋根付き車庫での施工ですが、シャンプー液が乾いたら厄介です!

1パネルごとシャンプーで洗ったら、水で流していきます。

あと、ボディーだけでなくガラス面もシャンプー洗いする事をおすすめしますよ。

ジェネシスαはガラスにも施工可能なので〜(^o^)

注意書きに『ワイパーがビビる可能性あり』とあったんですが、全然問題なし!

むしろ撥水コーティングのような感じになったので、一石二鳥でした。

 

シャンプーが余ったらホイールも洗う

IMG 0843

節約してたおかげか、結構シャンプーが余りました。笑

せっかくなので、ホイールも洗おう!

タイヤやホイールには鉄粉や油分が付着しやすいので、ついでにキレイにしちゃいます!

もちろんホイールにも施工可能ですからね〜。

 

水が弾かなくなったらOK!

IMG 0834

車全体を洗ったら、再度シャンプー液を完全に落とすため水をかけます。

水弾きがなくなったのがわかりますか?

こんな感じになれば、脱脂シャンプーの効果はあった!という事になりますね。

 

IMG 0846

フロントガラスも水の膜が張ってますよ。

 

IMG 0848

天井(ルーフ)も濡れてないように見えて、全面べったり水浸しです!

結構強力な脱脂シャンプーでしたね。

そんなゴシゴシ洗ったつもりはありませんが、しっかりと以前のコーティングが落ちてます。

まぁスプレー式の簡易コーティング剤だからでしょうけどね〜。笑

 

水滴の拭き上げはしっかりと

IMG 0849

洗車後はしっかりと水滴が残らないように拭き上げましょう!

施工中にドアノブやミラーから水が垂れてきたら、ムラになるかもしれませんからね〜。

 

IMG 0852

ドアの枠周りも水滴を拭き上げ〜

グリルやナンバープレート周辺も忘れずに水分を拭いて下さい!

実際この水滴が垂れてこなくなるまで拭き上げるのが一番時間かかった気がします・・・笑

 

IMG 0857

ボディー全体をある程度拭いたら、ホイールの水分も拭き上げます。

こうしてる間に、残った水が垂れてくるので〜。

 

ジェネシスα塗布施工

IMG 0861

ボディーの水分をしっかり拭き上げたら準備完了です!

いよいよジェネシスαを施工していこうと思います。

 

IMG 0865

僕は洗車の水拭き取りで使った、自前のマイクロファイバーにスプレーして施工しようと思います。

初めの方に書きましたが、必要なものはジェネシスα本体とマイクロファイバー2枚です!

クロスの1枚は水でキレイに洗い固く絞ったもの

もう一枚は乾いたものですね!

使い古しのマイクロファイバーは乾いた状態だと、固くなってる場合があるので注意して下さい。

そう考えると、付属してきたクロスを仕上げ用にした方が良いと思いますよ(^^)

 

IMG 0866

ここにスプレーのノズルをロックするレバーがあります。

無理にレバーを引くと壊れてしまいます!

 

IMG 0867

このようにレバーを90度回しロックを解除します。

 

ジェネシスαの入ったスプレー容器をよく振ります!

 

絞ったクロスに2〜3回スプレーして、1パネル毎に塗り伸ばすように拭き上げます。

すでに洗車でボディーはキレイな状態なので、力を入れる必要はありません!

表面をなでる感じでOKです(^^)

 

ボディーに液剤を塗り伸ばしたら、すぐさま乾いたクロスで拭き上げましょう!

拭きスジが乾かないうちに拭き伸ばして下さい』と説明書にありましたが、これはムリですね〜。

だってすぐに乾きますもん。笑

なのでホントになじませる気持ちくらいで優しく拭き上げればOKですよ。

僕は1m×1mくらいの間隔で作業しました。

ドアやボンネット、トランク部分などはパネル1枚やる感じです!

 

施工後のボディーは?

IMG 0874のコピー

施工中は写真に撮っても全然わからないレベルなので、いきなり施工後になります。笑

不思議とツヤが増したような感じがしますね〜。

もともとこの車が納車される時に、全面磨いてくれたみたいで、正直あまり違いはわかりません・・・

 

IMG 0878

触った感じはスベスベしてます。

説明書には以下のように書いてありました。

施工直後は滑水性が弱い場合があります。これは余剰成分が多い為ですので、徐々に滑水性が増していきます。お時間のある方は施工後余剰成分を洗い流していただければ、すぐに滑水効果をお楽しみいただけます

 

余剰成分で滑水性が落ちるんですね〜。

しかも直後に洗い流して良いのはすごいですよね!定着が早いって事でしょうか。

「これちゃんと塗布できてるかな?」

と思い、つい多めにスプレーしてたんですが、それは完全に無意味!無駄遣い!という事になりますね・・(TT)

→【GENESIS】コーティング剤を詳しく見る

 

スプレー1本で乗用車4〜5台分くらい施工可能

IMG 0879

今回は20ヴェルファイアにジェネシスαを施工しました。

スプレー内の残りはこんな感じ。

分かりづらいでしょうが、全体の約1/5くらい使用しましたね〜。

ヴェルファイアのような大型車でこれだけという事は、普通の乗用車5台分くらいは施工出来る事になります。

 

しかも、このジェネシスαの効果は『3ヶ月〜6ヶ月』持続します。

車の使用環境にもよりますが、1年は十分持ちますね(^^)

2,3回重ね塗りをしたら、その後はどれだけ効果が持続するのか検証したいと思います!

 

施工した翌日に滑水性チェック!

IMG 0926のコピー

僕はビビリなので、施工直後に水をかけることはできませんでした。笑

というわけで、翌日(約24時間経過後)に水をかけて滑水性を確認してみる事に。

 

すごい滑水性に驚きました!

ホントに水が滑り落ちる感じですねー。

写真のようにシャワーで水をかけて、それを止めると・・

IMG 0930のコピー

一気に流れて、ご覧のようにほとんど水が残りません!

これが親水性ならば、もっと水は残らないんでしょうけど、滑水性の気持ち良いくらいの流れの方が僕は好きです(^^)

 

ちょっと伝わりにくいと思うので、スマホで動画を撮ってみました↓↓

どうでしょうか?

良い感じの滑水性じゃないでしょうか!

また、フロントガラスも同じような滑水性があり、とても満足しています(^^)

→【GENESIS】コーティング剤を詳しく見る

 

最後に

今回はアンサーさんの『ジェネシスα』をレビューしました。

市販品のガラス系コーティング剤の2倍くらいの値段するので、購入にためらうかもしれませんね・・

ただ、実際に使ってみた感想は、コチラの方が何倍もコストパフォーマンスが良いと思いますよ。

滑水効果はもちろん、耐久性もあるし、スプレーの使用量も少ないです!

『撥水性』『親水性』の方が好みの方は、他のGENESISシリーズもチェックしてみて下さい↓

→車のコーティングは『ジェネシス』がおすすめ!スプレー施工で本格ガラスコーティングのような効果

 

今までは毎月3000円のゼロウォーターを消費してましたが、このジェネシスα(6000円)なら1年は十分はもつ気がします(^^)

あと、ジェネシスシリーズのベースコートとの同時施工で、効果アップするようです!

今なら同時購入でかなり安く購入できるので、この機会にいかがでしょうか?

車を高く売るなら
無料一括査定がおすすめ

嫁の車(日産:モコ)をディーラーの査定に出したら、「下取り10万円です・・」と言われ、どうしても納得できず、無料の車一括査定に申し込んだ結果、約38万円で売ることができました!!

ディーラー査定の差額として、約28万円も高く売ることができてしまったわけです。

申し込みした『かんたん車査定ガイド』では、最大10社への査定依頼が同時にできて、高額査定になりやすいと評判も良かったのでオススメです!

申し込みも約1分で完了し、査定相場もその場で知ることができますよ(^^)

>>かんたん車査定の一括査定<<

 

依頼ができる優良買取業者
スクリーンショット 2019 02 15 10 11 07

 

一括査定の事をもっと詳しく知ってから検討したい!

と思ってるあなたのために、一括査定について簡単にまとめました。メリットやデメリットについてもう少し詳しく解説していますよ。

また、安心・高額買取を基準に一括査定サイトのランキングも作りましたので参考にどうぞ!

>>>一括査定ランキングを見る!

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ